敬応学園幼稚園は、昭和46年4月敬応寺親鸞聖人誕生八百年記念に設立いたしました浄土真宗本願寺派の仏教園です。設立以来今日まで、新しい時代の幼児教育をめざして保育にあたっております。
 
◎ 宗教的情操を高める
◎ 一人ひとりの個性を伸ばす
◎ 豊かな環境で、素直な子どもを育てることを目指す
 
◎ よい生活習慣を身につける
◎ 自然の恵みを喜び、生かされていることに気づく
◎ 感謝の気持ちを持つ
 
明日に向かってどんどん成長していく子どもさんたち 
その可能性は無限です。
 
学校法人敬応学園幼稚園は、
子どもさん一人ひとりの発達と個性を大切にした
きめ細やかな保育、
独自の創意工夫を凝らした教材や指導方法など
常に子どもさんの発達と幸せを第一に考えた保育理念に基づいて、教育を行っています。
園長をはじめ、全職員がひとつの輪になって、心の通ったあたたかい指導をしています。
 
子どもさんをすこやかに育てていくためには、豊かな環境が必要です。
敬応学園幼稚園の職員は、
子どもさんから信頼され、自由な心を開放して、
のびやかに行動できるように子どもさんにとってよい環境の一部となれるよう努力しています。
 
全職員で見守る保育  
明るく元気に子どもの視線に立って共感できる保育を心がけています。
 
けじめとしつけ
「ありがとう」「ごめんなさい」「おはよう」の挨拶が素直にでき、基本的な生活習慣の自立を目指します。
「話を聞く」「集まるということ」「約束を守る」「順番を待つ」という大切さは、集団生活をする上で、欠かせないルールということをしっかり知らせていきます。
 
自然との触れ合い
農作物や植物を育てることから生命の大切さ、その恵を収穫していただくこと、目で見・育て・触れ・味わって感じ取れる体験が、子どもたちの「生きる力」へと育つことを願って取り組みます。特別なことをしなくても「食育」が自然と身についてくれればと考えています。